築49年 木造住宅のリフォーム計画

2018計画案住宅 改修 約80m² 在来木造2階建

築49年、木造住宅のリフォーム計画案です。

新築当初は6割程度の大きさだったようで、多少強引な部分増築を繰り返され
現在の姿に至っていることがわかりました。
これらの増築により、この敷地で建てられる制限(建ぺい率)を超過していたり、
取り合い部分からの雨水侵入、腐食、構造的な脆弱部等、様々な課題がありました。

 

スケルトンリフォーム(骨組みだけを残すリフォーム)を前提とした計画で、
まずは減築により建ぺい率制限内の建物に戻し、リフォーム瑕疵担保保険に加入、
リフォーム一体型の住宅ローンを受けられるベースを確保します。
さらに耐震診断、耐震補強を行い、自治体からの耐震補助金制度を受ける計画です。

 

通常なら建替え、新築という選択となりますが、リフォームでの計画だと
新築より広い面積を得られ、トータルコストは新築の約7~8割程度に抑えることができます。




現調時外観写真

下屋根の劣化具合 (…屋根は全面的に葺き替える計画)

バルコニー部分の腐食状況 (…バルコニーを撤去し、減築する)

2階室内の雨漏り (…2段の大屋根を1枚に葺き替えることで解消)