桃山台のマンションリフォーム

2020~2021(工事完了)大阪府豊中市集合住宅 リフォーム 77m² ツジモト(施工)

1970年代に建てられたマンションのスケルトンリフォーム計画です。
元々のポーチや門扉、サッシやベランダの収納等、建物全体のつくりがすごく素敵で、
後に高名な建築家が設計された建物であることがわかりました。

住民の皆様により丁寧に維持管理されていて、今なお魅力が色褪せない建物です。

当時の計画に敬意をいだきつつ、風の良く通る、気持ちの良い家が完成しました。

 

※現在、竣工写真を整理中です!すこしずつ更新していきます。

ダイニングテーブルは、丸い大きなものをチョイスされました。

ここはミシン専用スペースです。その奥は家族共用の大きなウォークインクロ―ゼット。



キッチンと背面の収納はスペースに合わせた造作工事としました。
ステンレスの天板は奥行が少し広めで、シンク下に隠すようにゴミ箱スペースを作っています。
キッチンの奥が家電スペース、パントリーへと続き、ぐるぐる回れるように計画しました。



高さを抑えて作った靴箱を浮かせて設置。引戸はここでも布貼りとしています。
障子の向こうは子ども室です。

ワークスペースです。こちらの障子は寝室とつながっています。

玄関を開けた瞬間に飛び込んでくる緑。

リビングは、ウールのカーペットを敷き込みました。
遮音規定も満たすので、ココだけ床を下げて、ゴロゴロできるスペースにしています。
TV台の引戸は布貼りにして、デッキを収納。引戸を開けずにリモコンが効くようにしています。



子ども室は約3.4帖。決して広くはないですが、大事なのは畳数じゃないんです。
ロフトベッドで立体的に、豊かで楽しい部屋ができました。

壁の上のランマを、透明ポリカーボネート板でつくって引違窓にしてみました。


寝室のベッドヘッドの照明です。
白熱灯に調光をかけて、ロウソクのようなキレイな光をつくりだします。

洗面台と、奥の建具を開けると脱衣室です。
分けることで来客時でもスッキリとした洗面コーナーになります。


 

 



その建築家の書籍があることをお客さんに教えてもらって、ウチも慌てて入手。良い本です。
建築士の試験とかにも出てくるような、すごい人です。
今回の区画だけ見ても、現代に活きる、ため息のでるような粋な工夫がたくさんあります。